部下を軸にしてマネジメントを行うのが主流となる

元々マネジメントと言えば、上司を軸にしているのが従来のやり方でした。
しかし、近年主流になっているコーチングでは、部下を軸にしてマネジメントを行うのです。

部下を主体とする理由

コーチングで、上司ではなく部下を主体とする理由ですが、上司を軸にしてしまうと、上司がコントロールをしなければ、決して部下は動いてくれないことになるのです。
つまり、命令したことや、言われたことはしっかりできるようになっても、自分で考えて動くことや、自分で答えを導き出すことができなくなってしまうのです。
しかし、部下を主体にすることによって、自分自身で答えを導き出して、自分の力で考えて動くことができるのです。

将来その会社を担う存在になる

今はまだ未熟な部分が多い部下も、いずれはその会社を担う存在になるのです。
しかし、主体性がない状態のままでは、緊急事態に対応ができなかったり、新しい時代の流れについていけないなど、様々な弊害が生じてしまうのです。
そうならないように、若いうちにコーチングによるマネジメントをすることが大事なのです

最初から自分で考えることは無理

ただ、いくら自分で考えて、自分の力で答えを出すことが大事とは言っても、最初から全て自分で考えることは無理なわけです。
だからこそ、上司がしっかりとサポートをして、それぞれの部下に合ったマネジメントを行い、そして適切な環境を提供することが重要になってくるのです。

全体的なマネジメントはしない

あくまで大事なことは、一人一人に合ったやり方でマネジメントをすることですから、全ての部下に同じようなマネジメントをすることは、やっても意味がないので控えるようにしましょう。