部下が率先して動けるようにサポートする

上司にとって、部下へのマネジメントは大事な役割の1つですが、ただ頭ごなしに仕事を教えて、ミスをしたら叱る、そんなやり方ではとてもマネジメントとは言えないのです。
そうではなく、部下が自分の力を発揮できるようにすることが、マネジメントの肝になるのです。

個人個人に合わせたマネジメントを企画する

当然ですが、部下の性格や能力によって、どういったマネジメントすればいいかも異なります。
そのため、ワントゥーワンマネジメントという、個人個人に合わせたマネジメントを行うことが大事になってくるのです。
ですから、全員に同じようなマネジメントをやっても効果は薄いのです。

答えはそれぞれ違う

従来のマネジメントでは、マスマネジメントという、言ってみれば全員が同じ答えを導き出せるようなマネジメントが主でした。
しかし、本来は答えというのはそれぞれ違うものですから、全員が同じ答えということはあり得ないことなのです。
全員が同じ答えを導き出しても、それではマニュアル的なことしかできず、新しい発想を生み出せず、緊急事態にも対応できなかったりするのです。

全てを部下に考えさせるのではなく

ただ、部下が自分で考えて答えを出すとは言っても、1から10まで全てを自分で考えさせるのは無理があります。
そこで、適切な問いかけや助言をすることによって、答えを導き出すサポートをしてあげるのです。
もちろんその際も、直接答えを与えるのではなく、あくまでも自分自身で見つけさせることが大事です。

継続的に取り組む

これらのマネジメントは、短期的にやってもあまり意味がありません。
継続的に取り組むことによって、初めて効果が現れるのです。