自分を管理できるスキルを身に付ける

自分をしっかりと管理できる、いわゆる自己管理スキルですが、一見すると身に付いけるのが難しくないように思えます。
ただ、自分の頭と体と心を使って、しっかりと部下の能力やスキルを引き出すためにサポートしないといけないので、身につけるのは決して容易ではないスキルだと言えます。

まずは話をじっくりと聞く

まずは、部下の話をじっくりと聞くことから始めないといけません。
これも、簡単なように思えて実は難しいスキルだと言えます。
あくまでも仕事の時間中に、部下の話をしっかりと聞かないといけないわけですから、どういった時間にどのような場所で話を聞けばいいのか、そこをしっかりと考えないといけないのです。

確認スキルの難しさ

そして、部下と接する上でもう1つ重要となるのが、確認スキルです。
これも、簡単なようで難しいスキルの1つだと言えます。
確認と言っても、単に部下が理解をしているのか、問題がないかどうかを問いただすだけではありません。
部下のことをしっかりと認めてあげる、この部分が非常に重要になってくるのです。
部下からすれば、誰かに自分を認めてくれれば、モチベーションの向上にも繋がるので、それだけ仕事にも励みが生まれるのです。

逆のパターンもあり

また、これらのコーチングスキルというのは、必ずしも上司から部下からの一方通行だけではないのです。
その逆パターンである、部下から上司へとコーチングすることも、ビジネスでは有効な方法だと言えるのです。