縦型ではなく横型に行うのがコツ

部下へのコーチングで絶対に意識しないといけないのは、縦型ではなく横型の組織でなければいけないのです。
つまり、これまでの服従的な縦型ではなく、繋がりを重視した横型でのマネジメントを行うことが必要なのです。

服従や命令では時代に対応できない

縦型組織でのマネジメントでは、言われたことしかできない、命令をされないと何もできない部下しか生まれないのです。
昔なら、それでも通用したかもしれませんが、少なくとも多様化する今の時代では対応ができないのです。
結局、そうなってしまうと部下にとっても、そして上司や会社にとってもマイナスになってしまうのです。

横型で繋がりを大事にする

主体性を持った部下を育成するためにも、縦型ではなく横型での繋がりを大事にすべきなのです。
つまり、部下を見下ろすのではなく、共に協力できる存在として接するのです。
昔のように、上司としての威厳を徹底したり、上司の言うことは絶対というマネジメントは通用しないのです。

指導や命令は最低限に

もちろん、まだ何も知らない状態の部下ですから、最低限の指導と命令は必要になります。
しかし、そればかりでは部下が育つことも絶対にないので、その次のステップとして、コーチングによるマネジメントを行なうべきなのです。
部下自身に考えさせて、上司はそれをサポートしてあげる、それこそがまさに横型の組織のベースになるのです。

時代に取り残されないように

時代はどんどんと変化しているにも関わらず、未だにその時代の変化についていけず、昔のままのマネジメントや人材育成にこだわっている企業もあるようです。

しかし、それでは時代にどんどん取り残されることになり、それによって利益も業績も大幅に下落してしまいかねないのです。

もちろん、昔の伝統であったり、古き良き時代の風習を大切にすることも必要ですが、新しいこともどんどん取り入れていかないといけないのです。