コーチングスキルの基礎となる部分

コーチングスキルの基礎とも言えるのが、質問・直感・傾聴・自己管理・確認、この5つのスキルです。
したがって、この5つのスキルを身に付けることによって、コーチングスキルをしっかりと上昇させることができるのです。

1つ1つを単体に見るのではなく

ただ、これら5つのスキルは、総合的に身につけなければ意味がないのです。
例えば、質問スキルだけ優れていても、他がダメではコーチングスキルがあるとは言えないのです。
1つ1つを単体に見て、個別にスキルを身につけていくのではなく、全てをワンセットと捉えて身につけていくようにしましょう。

コーチングスキルが優れていれば

コーチングスキルが優れていれば、仕事面だけでなく人間関係においも、非常に大きなメリットをもらたすのです。
それによって、社員全員のモチベーションをアップさせることができ、さらなる成果にも繋がるわけです。
仕事だけができてもダメですし、雰囲気だけ良くても仕方ありませんし、この両方を良くできるのが、コーチングスキルなのです。

完璧を達成しようとしない

ただ、コーチングスキルを身に付けることは大事なのですが、完璧に全てのスキルを達成しようと思わないようにしましょう。
つまり、一切の妥協を許さず、100%完璧にスキルを身に付けようとしても、失敗してしまう可能性が高いのです。
それに、完璧を求めてしまうと、部下への負担も大きくなってしまうでしょうから、それによって場の雰囲気が悪くなってしまう可能性もあるのです。

まずはできることから始めていく

最初から、いきなり無理にスキルを身に付けようと思っても、空回りしてしまう可能性が高いです。
そのため、まずは自分ができることから始めていくようにして、確実に基礎のスキルを習得していくようにしましょう。
それを積み重ねることによって、最終的には理想のコーチングスキルを会得することができるのです。