今の時代に応じた人材育成をしていく

部下や後輩を育てる際には、どうすれば部下の能力を引き出せるか、どうすれば後輩が実力を発揮できるか、そういったことを考えながら育成することが求められる時代なのです。
ですから、昔の人材育成が今も通用するとは限りませんし、時代に応じて育成をしていかなければならないのです。

指示や厳しい指導だけでは育成とは言えない

部下を育てるために、いろんな指示をしたり、厳しく指導をする人もいるかもしれません。
しかし、それだけでは育成とは言えませんし、それでは単なる指示待ち社員になってしまうのです。
上司から指示がなければ何もできないような人材では、とても会社を任せることはできないと思います。

コーチングによる育成が不可欠

だからこそ、ただ指示をしたり指導をするだけではなく、コーチングによる育成が必要になってくるのです。
従来の命令型による育成ではなく、部下を信頼することによって、自分自身で答えを見つけられるように、上手くサポートと誘導をすることが、コーチングによる育成なのです。

上司のスキルと能力も求められる

ただ、コーチングはそう簡単にできることではありませんし、それが簡単にできれば誰も苦労はしません。
そのため、上司にもコーチングをするためのスキルと能力が求められますし、その技術を学ぶことも必要になってくる時代なのです。

コーチングの基礎を理解する

コーチングと簡単に言っても、そのシステムは多岐に渡りますし、複雑な要素も色々と絡み合います。
ただ、コーチングの基礎とも言えるのが、いわゆる一人一人の人材育成をサポートすることですから、まずはその基礎の部分から理解しておくことが必要になってきます。

なぜコーチングが必要となるのか

そもそも、なぜコーチングが必要なのかと言いますと、それは自立した人材を育てるためです。
従来の人材育成は、指示型の人材を多く育てるようなやり方が多かったです。
しかしそれでは、与えられた業務はしっかりとこなせても、自分の意思で考えて業務に取り組むことが困難になるのです。
そうではなく、自分で考えて自分で解決する力を養うために、コーチングによる育成が必要なのです。

コーチングで必要となるサポート

コーチングでの育成では、当然ですが上司によるサポートが必要となります。
このサポートというのは、部下にアドバイスをしたり、縁の下で支えてあげるというよりも、様々なスキルを用いて部下の能力やを引き出したあげることを意味します。
したがって、コーチングでは上司のスキルも求められることになるのです。

コーチングどの分野でも必要になってくる

コーチングは、決して特定分野だけに必要とされるものではありません。
例えば、農業や工業でも必要とされるでしょうし、スポーツや芸能の世界でも必須になってくるのです。
そもそもどんな仕事でも、常に誰かと関わりを持ったり、人と人とが接することになるわけですから、その時点でコーチングが必須なのは言うまでもないのです。

コーチングの本質を理解する

コーチングというシステムを、果たして本質的に理解している人が、どれぐらいいるのでしょうか。
あるいは、頭では分かっていても、それを行動でなかなか移せない人も多いのです。

3つのコーチングを理解する

コーチングには、大きく分ければ3つの考え方があります。
人それぞれ秘めている無限の可能、求める答えは自分の中にある、答えを求めるには信頼できるパートナーが必要、この3つがコーチングの根幹部分でもあるのです。
したがって、この3つのコーチングを理解することが、ビジネスの世界でも大原則になるのです。

信頼ができているか

コーチングにおいて絶対に欠かせないのが、信頼という2文字です。
この信頼を上司と部下の間で築けるかどうか、そこがコーチングの最重要項目とも言えるのです。
お互いに信頼ができていないと、他のコーチングを達成することもできないので、それでは何も始まらないのです。

信頼の本質を見誤らない

ただ、信頼の本質を見誤ってしまう上司も多く、それでは部下との信頼はむしろ薄れるだけになってしまうのです。
例えば、部下を信頼して仕事を任せたのに、部下が失敗してしまったとして、それで失望するような発言をしては、何の信頼も生まれないのです。
そうではなく、そうなった時にどう部下をフォローできるか、どういった助言を与えられるか、それこそが信頼の本質とも言えるわけです。

最高の信頼は最高の上司となる

逆に言えば、最高の信頼を部下から得ることができたのであれば、それは最高の上司になることができたとも言えるわけです。
そうなれば、もはやコーチングも最高の域に達したと言えるでしょうし、これからの関係に期待が持てるのです。

自宅周辺の騒音トラブル事例とは

マンションや一戸建てなど、住まいにかかわる騒音問題はつきものです。「ご近所だから強く注意できない」「こちらががまんすれば済む」など、ストレスを抱える例も多くあります。トラブルの原因は本当にさまざまです。

毎日の生活音が気になる

近くの住人が、暮らしの中でいろいろな音を立てるケースがあります。特に集合住宅の場合は、上下左右の音が響きやすいのが特徴です。ドアを強く開け閉めしたり、夜に洗濯機や掃除機を使われたりするのは迷惑でしょう。

自分では静かに動いているつもりでも、神経の細かい人は「うるさい」と思いがちです。しまいにはトイレの水を流す音や、エクササイズ中の足音までも怒りの対象となります。

「一階の住人が天井をたたき、抗議してきた」「道路に面した窓に卵をぶつけられた」など、険悪なムードになる危険すらあるでしょう。

子どもの声や足音がうるさい

幼児がいる家庭では、室内を走り回ったり転んだりするたびに騒音が出ます。階下の部屋には強い音が伝わるため、びくっとしてしまうこともあるでしょう。夜間に遊んでいて衝撃音が続けば、周囲のストレスも高まります。

子どもがいたずらをしたときは、親がしかりつけるはずです。大声を張り上げられたら、聞かされる方もいやな気分になります。怒られたショックで延々と泣き続けることもあり、一種の騒音となり得るでしょう。

小さいお子さんがいる場合、前もって近所の人たちにあいさつしておきましょう。「いつもうるさくてすみません」と一言添えておけば、ある程度は納得してもらえます。

ペットの鳴き声やふんの被害がストレスになる

あまりにもひどい犬の鳴き声は、近隣の住人たちからクレームを受けます。飼い主が外出したあとにずっとほえ続ける例もあり、長時間にわたって迷惑をかけてしまうので注意しましょう。

宅配便の配送員にとびかかったり、かみついたりすることも珍しくありません。他の人に危害を加えないよう、専門スタッフに預けてコーチングをしてもらうのも一案です。

自由に外を歩き回り、他人の敷地内でふんをする猫もいます。被害を受けた側はとても不快なだけでなく、排泄物を片づける羽目になるわけです。当物を飼う方のモラルが問われます。

若者が夜中に集まって騒がしい

大学生や若い社会人などは、自宅で飲み会をする機会も多いです。お酒が回って陽気になり、大声で笑ったり叫んだりされては困ります。深夜や朝方まで宴会をしていれば、ご近所の人たちも眠れなくなるでしょう。

ついでに大音量で音楽をかけると、うるささの度合いがエスカレートします。特に重低音は響きやすく、一度耳につくとなかなか離れません。解散後にも、帰る客たちが車やバイクのエンジンをふかして騒ぐ場合があります。

若者に苦情を言うのは、意外と勇気が必要です。直接注意すれば逆ギレされると考え、泣き寝入りしてしまう人も少なくありません。

騒音トラブルを長く放置していると、自宅に帰ってきてもリラックスできません。一戸建てなら自治会に、マンションなら管理会社に依頼し、クレームを伝えるのが得策です。