アルギニンを多く含む精力剤

昔何かで読んだのですが「男性ホルモンの減少によって男性機能の低下を起こす」とありました。

それで焼き肉屋に行くとホルモンを頼んでいたのですがそうではないということを知りました。

アルギニン

「男性ホルモン」というのはテストステロン、デヒドロエピアンドロステロン、アンドロステネジオンの3種類をいうそうです。

副腎や睾丸でつくられ、男性特有の体つきや思考回路に発育させるそうです。

特に「男」といったところで役立つのはテストステロンでこれが減少するとEDになったり中折れするようになったり性欲がなくなったりしてきます。

だからテストステロンを飲みみくれば!となりますがそれもなかなか難しいです。

テストステロンを増やす方法としては

  • よく寝る
  • 長ネギ、玉ねぎ、にんにく等を食べる
  • 恋愛する(妄想可)
  • 運動する

などがあります。

しかし仕事で忙しいとか、食べれないとかあると思います。

そんな時にはやはりサプリメントという話になってきます。

最近友人からオススメされたのは「トンカットアリ」です。
トンカットアリはテストステロンを分泌させるために必要なアルギニンが豊富です。

トンカットアリじゃなくてもアルギニンを得ればよいのでアルギニンを多く含む精力剤やサプリメントを飲めば問題ないと思います。

ED治療薬と精力剤の違い

ED治療薬といわれるものと、精力剤といわれるものがありますが、この二つはどのような違いがあるのでしょうか。

この二つは同じような意味で使われることもありますが、そこには明確な違いがあります。

まずED治療薬といえば、例えばバイアグラだったり、シアリスといわれるようなものがあります。

これはあくまで治療薬であり、医師からの処方箋がなければ、そもそも手に入れることができないものです。

しかし、そのぶん勃起力回復のための効果は非常に高く、かなり期待が持てます。

それに対して精力剤の場合には、精力が減退してしまった場合に用いる、回復対策のための製品です。

体の内部から根本的な体質の原因を改善していくのが、この精力剤の目的となっているのです。

いわゆるジャンルとしてはサプリメントの一種であり、あくまで医薬品とは目的が異なります。

こちらの場合には医薬品ではないということなので、医師からの処方箋がなくても簡単に手に入れることができます。

慢性的に精力の減退を感じているという場合、これを長期的に使っていって、その問題を解決することができるようになるのです。

それに対して、性器に対して刺激を与えることで、勃起機能を補うというのがED治療薬といわれるものの役目になります。

それぞれ、自分の感じている問題だったり、目的にあわせて選ぶようにしていきましょう。

この二つについての知識を正しく持っておくと、適切に問題に対して対処できるようになるでしょう。

精力減退を解消するためには、その根本となっている精力剤 口コミを知る必要があります。